2020年5月17日から アクセスカウンター
 
 
画像0 画像1 画像2 画像3 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11 画像12 画像13 画像14 画像15 画像16 画像17 画像18 画像19 画像20 画像21 画像22
 
 インフォメーション
***** カテゴリー「吹矢」 *****

★このサイトは、6月30日で閉鎖となります。

レンタルサーバーの現在の契約期間切れに伴って、閉鎖します。
2016年7月1日に開設し、5年間になります。
・コロナ禍で吹矢活動が停滞していること
・私個人の活動自粛
等により記事のネタ切れなことから、レンタルサーバー代を負担する意味がなくなったことによります。
すでに閉鎖(契約解除)の手続きを済ませました。

2020年5月17日から2021年5月7日現在のカウント数18921を、
1日の単純平均にすると約53になります。
ご覧いただいた皆様、ありがとうございました。

★東京新聞埼玉版に吹矢記事が掲載されました

4月11日(日)です。

東京新聞記事.PDF

東京新聞WEB版

★ビックサクセス吹矢用具の使用期限が延長されることになりました。

以前の公認用具取扱先であったビックサクセスの矢とか的が、
公式行事における使用制限を、2022年9月30日まで
延長することになりました。

会員の皆さんの手持ち在庫を考慮し、
昨年からのコロナ禍で活動機会が
減っているという状況を踏まえ延長されたものです。
(千葉桐花支部ブログより転載)

★協会本部規定等の2020年度改訂項目のまとめ

2020年度はコロナ禍で、協会本部も県協会も地域支部も、満足な活動ができませんでした。
そんな中でも、協会本部も県協会も、規定等の改定や制定作業が進められました。
協会本部からは、臨時社員総会も終えたところで、2020年度に改定された規程等の資料が届きました。
その主な項目を紹介しますので、サイドバーから入ってください。

◆11月28日が「吹矢の日」として、制定されました!

吹矢が誕生した日とか、協会設立日とかではなく、
数字の語呂合わせですが、「いいふきや」と読んで、
11月28日が決められました。
楽しい行事を企画して、楽しい一日にしたいものです!
(この記事は千葉桐花支部ブログから転載しました。)

◆協会本部HPの指導員資格者一覧について

何となく3月14日に見たところ、私の名前が欠落していました。
以前は掲載ありましたので、何で欠けてしまったのか分かりません。
こんなこともありますので、該当する方は確認してみてはいかがでしょうか?

◆県協会運営諸規定集 第3版

代替会議実施要領の制定に伴って、運営諸規定集を改定しました。

代替会議とは、コロナ禍で総会・役員会・連絡会議が開催できないときに、
変わって実施する方法で、書面決議・電磁的方法・Web会議があり、
その実施方法を定めたものです。

サイドバーから掲載ページに入ってご覧ください。

◆スポーツ団体ガバナンスコードについてお知らせします。

チョット堅い話となりますが、是非知ってください。
地域支部には直接関係することはないと思いますが、
いずれ市スポーツ協会には関係してくるのではないでしょうか?

サイドバーから入ってください。

 
***** カテゴリー「新型コロナ」 *****

◆熊谷市HPへのリンク(コロナ情報はこちらから)



◆埼玉県HPへのリンク(コロナ情報はこちらから)



◆練習再開にあたって

以下のことがキチンと理解され、防止策が実行されていますか?

首都圏の会員の皆様へ.PDF

活動再開にあたっての注意事項.PDF

イマイ提言.PDF

練習再開チエックリスト.PDF

新型コロナウィルス感染とスポーツウエルネス吹矢との関連について.PDF

絶対に、
 ・吹矢からコロナ患者を出さない!
 ・吹矢がクラスターにならない!
ことを心がけねばなりません。

 
***** カテゴリー「なんでもOK!」 *****

◆当該サイトへのご意見等について

このサイトは、県協会の公式サイトではなく、熊谷さくら支部の帰属サイトです。
ですが、広範囲の記事を掲載するために、「県北吹矢情報サイト」とネーミングして、
協会本部サイト⇒県協会サイト⇒県北サイト、の順序だてとしています。

このサイトへのご意見等は、サイドバーの「ここから投稿」からお寄せください。
その際、匿名ではなく、所属支部と氏名は明らかにしてください。
昨今、匿名での投稿が問題になる事例も起きています。
悪意がないのであれば、キチンと名乗ってください。
以上、よろしくお願いいたします。
**当該サイト管理者 飯田茂夫**

◆電子印鑑を覚えましょう!!

協会本部への提出文書や認定試験の受験申請書は、電子印鑑が使えると大変便利です。
使えない場合は、
@ダウンロードした文書に押印し
AそれをPDFに変換し、
B添付ファイルで送る
といった手順になります。

途中に他の人が介在すると、PDF化の繰り返しとなり、文書が不鮮明になります。
電子印鑑ならば、元データのまま回覧できるので、最後まで鮮明です。
本人確認は、メールアドレスで可能なので、特段の悪意がない限り悪用は防げます。
印鑑証明が必要なほどの重要書類でない限り、県協会内の書類はもとより、
協会本部への書類は電子印鑑でOKかと思います。

このサイトのページを見て覚えた方もありますので、チャレンジしてみてください。

このページに説明してあります。

◆PCトラブルはリモート解決で

リモートワーク、リモート会議、リモート面接、リモート飲み会、リモートツアー等々・・・・
今や、リモートはあらゆるシーンに利用されています。

PCのトラブルは、以前からリモート解決の時代になっています。
今様のリモートとは利用法が異なりますが、便利な方法です。
私の利用例を紹介しますので、以下のページをご覧ください。

このページに説明してあります。

 
Copyright © 2018 埼玉県スポーツウエルネス吹矢協会 熊谷さくら支部 All rights reserved.