電子印鑑使用例

 
 電子印鑑の作り方
協会本部に提出する書類には、押印の必要なものがあります。
そのほとんどは、県協会長経由となっています。
その場合、実際に印鑑で押印すると、e−mailでの提出が困難です。

FAXという手もありますが、会長宛にFAXで、会長から協会本部にさらにFAXでは、書類が明快ではなくなります。
それに、FAXは、陰影もモノクロです。

記入・押印した書類をPCに取り込んでPDF化し、それを県協会長にe−mailで送る手もありますが、
県協会長が押印して、協会本部に送るには、それをPCに取り込んで再PDF化するか、郵送で送るかになります。
そこで、電子印鑑を覚えておくと便利です。

電子印鑑は偽造が可能だから不適切だ・・・といった意見もあります。
しかし、協会本部への一般的な提出書類は、印鑑証明を必要とするような、重要性の高いものではないと思います。
また、会員には、そんな不心得者はいないと信じています。
これまでの私の経験では、協会本部も、性善説で受理しているものと思います。

電子印鑑の無償作成ソフトもありますが、私はWordで作っています。
日常的にWordを利用している方であれば、そんなに難しいものではありません。
コロナで吹矢活動も思うに任せない今、時間の余裕のある方は、ぜひチャレンジしてみてください。
逆転の発想で、こんな時こそ、パソコンを学習するチャンスです。

以下は、私の作成例です。
  

以下が作業手順です
電子印鑑作成手順.PDF

●懐かしい一枚

妻沼南団地吹矢同好会 2017年2月26日 妻沼南団地集会所



 
Copyright © 2018 埼玉県スポーツ吹矢協会 熊谷さくら支部 All rights reserved.