車いす吹矢体験(車いすバスケの車いすを使用)

 
 連合埼玉青年委員会 ユースラリー
8月31日(土)午後、連合埼玉青年委員会の「ユースラリー」で、スポーツウエルネス吹矢体験会が行われました。
会場は、小鹿野町赤谷温泉・小鹿荘のネクストオジカ体育館。
参加者は、連合埼玉に加盟する労働組合の青年役員27人。

実施種目はスポーツウエルネス吹矢の他に、卓球バレー、車いすバスケの3競技。
埼玉県障害者スポーツ協会を通して埼玉県スポーツウエルネス吹矢協会に照会があり、参加したものです。
参加者はグループに分かれて順次3つの競技を体験しました。
(上写真)
小鹿荘本館(正面奥)とまつり館(左建物)は趣のある建物です。
ネクストオジカは体育館が併設された団体合宿・研修棟となっています。
 
(上左写真)
体験会スタッフは、県協会から西田会長、牧田障がい者サポート部長、飯田。
秩父支部から玉川支部長はじめ7人で、総計10人。

(上右写真)
体育館で体験会の開会式
吹矢と卓球バレーは並行して行われました。
(上写真)
玉川秩父支部長による模範試技。
試技は2回ありましたが、2回とも中心の黒点に命中し拍手喝采でした!!
ユースラリーは、連合埼玉の組織内青年層の交流活動として例年開催されています。
今年度の開催は8月31日(土)〜9月1日(日)の2日間。
東京2020オリンピック・パラリンピック開催まであと1年となったことから、
誰もが楽しめるユニバーサルスポーツへの関心と理解を高めるきっかけとすべく、
プログラムに障がい者スポーツの疑似体験会を取り入れたとのことです。
体験会前半は、スポーツウエルネス吹矢を理解していただくために、健常者の吹矢大会スタイルで実施。
距離は6m。
楽しんでいただきながらも本気モード醸成のため得点を記録し、懇親会時に成績発表と表彰式があることを伝えました。
(上写真)牧田県障がい者サポート部長による車いすでの模範試技。
体験会後半は、車いすによる吹矢体験。
前半の立位での吹矢との比較体験をしていただきました。

体験した方からは、
「目線レベルの違いや基本動作が不自由なことはあるが、車いすでも吹矢を楽しむことはできると思った」
「体の動きに無理がないので、車いすでもスムーズにできた」
といった感想をいただきました。
 
(上写真)皆さん若年層なので希望の方には、立位で8mと10mのチャレンジ体験もしていただきました。

このページのTOPに

 
Copyright © 2018 埼玉県スポーツウエルネス吹矢協会 熊谷さくら支部 All rights reserved.